【2021年版】Webマーケティング転職に強い転職エージェント5選&利用者の声

読者

Webマーケティング業界に強いエージェントはどこ?

読者

エージェントはどうやって活用すればいい?

あなたに合った転職エージェント選びは、転職を失敗させないために超重要ですが、エージェントは数が多く特徴を知らない人も多いです。

ちゅらりき

各エージェントの特性を知らぬまま利用すると、理想の求人に応募できずブラック企業に入るリスクもあります。

この記事では、Webマーケティング転職で役立つエージェントと上手な活用法を紹介します。あなたが記事を読んで行動すれば、Webマーケティング企業に内定が出やすくなります。

*今回挙げている転職エージェントは、私も過去利用しているので実体験も包み隠さずご紹介します。

【結論】

私がおススメするエージェントはdoda、リクルートエージェント、マスメディアンです。転職エージェントを活用して戦略的に活動すれば、未経験でも人気なWebマーケティング企業に内定を取れます。

1位:dodaエージェント
総合評価:
大手・優良企業を中心に業界No.2の求人数を掲載しており、サポートの手厚さがピカイチ

2位:リクルートエージェント
総合評価:
業界No.1の圧倒的な求人数が特徴。転職成功者実績もNo,1なので面接対策も充実している。

3位:マスメディアン
総合評価:
マーケティング業界・職種の知識がどのエージェントよりも深く得意分野の企業にはめっぽうに強い。

ちゅらりきの経歴。業界未経験からWEBマーケティング業界に転職経験あり
目次

Webマーケティング業界に強い転職エージェント一覧

【総合型のオススメエージェント】

dodaエージェント
人材大手のパーソルキャリアの転職エージェント。大手・優良企業を中心に業界No.2の求人数を掲載しており、サポートの手厚さがピカイチ

リクルートエージェント
リクルートキャリア運営の転職エージェント。業界No.1の圧倒的な求人数が特徴。転職成功者の数も多いので面接対策の充実が魅力

パソナ
人材派遣サービス、パソナ運営の転職エージェント。オリコン顧客満足度ランキング第1位の実績があって女性向けの支援も充実しています

【特化型のオススメエージェント】

マスメディアン
「宣伝会議」が運営しているWeb・広告・マスコミの特化で最大手。マーケティング業界・職種の知識がどのエージェントよりも深く得意分野の企業にはめっぽうに強い。

ワークポート
大手・中小やベンチャーまで幅広い求人があり、IT・WEB・ゲーム関連に強いのが特徴。とにかく対応のスピードが速いのが魅力

転職活動では、様々な求人を確認し選択肢を増やすことが大切です。

転職エージェントによって特性も異なり、求人も違うのであなたに適する転職エージェントを登録していきましょう。

複数のエージェント登録に抵抗があるかもしれませんが、私も含めたWebマーケ転職に成功している人は2~3社のエージェントを上手に使いこなしています。

転職エージェントの登録と最適な数は?

おススメエージェントを紹介する前に、絶対に認識しておくべき転職エージェントの登録数だけお伝えします。

転職エージェントの登録は総合型2社、特化型1社の計3社に登録するのがベストです。

3社登録をオススメする理由

転職成功者の平均エージェント登録数が4.2社*ソース元:リクナビnext

求人の網羅性も充分だから

多くのWebマーケ転職者の登録数だから

特に私を含めた周りの転職成功者から、転職エージェントは3社に登録して活動すれば充分です。
*登録するエージェントは総合2社と特化1社

理由は、求人の網羅性も高くエージェントのハズレも回避できるからです。

ちゅらりき

求人のイメージ図は下記のようになってます。

求人の網羅性

総合型と特化型の求人は違い、複数のエージェントに登録すれば網羅できるので、理想の会社に出会う確率を上げられます。

ちゅらりき

転職サイトも求人を探せますが、求人数が非常に多く個人で良質な求人をみつける確率は低いです…

【私が利用したエージェント】

総合型:dodaリクルートエージェント

特化型:ワークポートの計3つでした。

おススメの転職エージェント3選ー総合型エージェントー

1位:dodaエージェント

【dodaのココが良い!】

・業界No.2の求人数(約8万件)

・手厚いサポートで転職者満足度No.1

・エージェントとの連絡がLINEでも可能でラク

転職サイトとエージェントをセットでサポート

・全国11箇所の拠点で各地域に合った紹介

・求人の80〜90%が非公開求人

総合評価 4.5
マーケティング求人数 5.0
マーケティング求人の質 4.0
業界・職種の知識 4.0
対応スピード 4.5
サポートの手厚さ 5.0
ユーザー満足度 4.5

\大手企業なのに…本気のサポート/

dodaエージェントの強み

dodaの強みは登録すれば、個人で求人を探せる転職サイト転職を全面的にサポートしてくれる転職エージェントの両方を利用できる点です。

また、複数のエージェントを利用して「応募者の事を本当に考えている」エージェントはdodaと私は感じました。*私の会社の同期もdodaを推す人が多いです!

サポートの厚さを感じた体験

➀第一志望の企業は、最初に登録した
リクルートエージェントから書類を出していた
➁第一志望から内定が出た
➂dodaの応募企業の最終選考待ちの状態
➃第一志望かdodaの企業のどちらが良いかdodaに相談した
➄第一志望の企業に行くべきとdodaから回答貰う

dodaエージェントは自分の気持ちを押し殺して、自分の斡旋してる最終選考の企業より第一志望を選ぶべき、と私に伝えてくれました。

ちゅらりき

辞退すると言ったのにしつこく粘ってきたワークポートとは大違いw

dodaは自社の斡旋している企業に応募者が入社しないと利益がないのに、応募者(私)の事を考えて伝えてくれました

これって実はなかなかできる提案ではありません。本当に応募者の事を考えているし信用できました。だから、あなたにもオススメします。

\大手企業なのに…本気のサポート/

2位: リクルートエージェント

【リクルートエージェントのココが良い!】

・圧倒的な求人数(約11万件)

・豊富な成功実績で累計転職支援実績No.1

・利用者が多いので面接対策が充実

全国14箇所の拠点で各地域に合った紹介

・企業と関係が強く、交渉力が高い

幅広い職種に対応

総合評価 4.3
マーケティング求人数 5.0
マーケティング求人の質 4.0
業界・職種の知識 4.0
対応スピード 4.0
サポートの手厚さ 4.5
ユーザー満足度 4.0

\転職成功実績No.1、求人数No.1/

リクルートエージェントの強み

リクルートエージェントの強みは求人数が30万以上と圧倒的に多い点と、過去の転職成功者が多いので転職ノウハウが充実している点です。

はっきり言えばリクルートエージェントに登録すれば転職市場の求人をかなり網羅できます。

ちゅらりき

私も一番最初に登録して、かたっぱしからエントリーしましたw

また、業界最大手で取引している企業多いので年収交渉といった交渉力が強いことも強みです。

ちゅらりき

私もリクルートエージェントの交渉で350万の所が450万まで伸びたので非常に心強かったです!

\転職成功実績No.1、交渉力も強い!/

3位: PASONA

【パソナのココが良い!】

・オリコン顧客満足度調査3年連続No.1

・とにかくサポートが手厚い

・全体の80%が非公開求人

大手には劣るが約5万件と充分な求人数

・特に女性利用者の評価が高い

総合評価 4.0
マーケティング求人数 4.0
マーケティング求人の質 4.0
業界・職種の知識 3.5
対応スピード 4.0
サポートの手厚さ 4.0
ユーザー満足度 4.5

\高い顧客満足度、女性からの高い支持率/

パソナエージェントの強み

パソナは利用者の顧客満足度が高く、特に女性からの支持が高いです。

ちゅらりき

「オリコン顧客満足度調査3年連続No.1」と連続で取っている事が信用できますね

女性の社会進出増加を目的とした「女性活躍推進コンサルティングチーム」もいち早く発足し、女性に寄り添った転職を実現させています。

ちゅらりき

Web広告運用者は女性も多いので、職種によってはピッタリかも…!

\高い顧客満足度、女性からも高い支持率/

おススメの転職エージェント2選ー特化型エージェントー

1位:マスメディアン

【マスメディアンのココが良い!】

「宣伝会議」とのコネクションが強い

・マーケティング・クリエイティブに強い

広告・Web・マスコミ系の求人数が多い

・マーケティングへの理解が非常に深い

マーケ職の質が非常にいい

総合評価 3.9
マーケティング求人数 3.0
マーケティング求人の質 4.5
業界・職種の知識 4.5
対応スピード 4.0
サポートの手厚さ 3.5
ユーザー満足度 4.0

\マーケティングに特化した求人、サポートは無期限/

マスメディアンの強み

マスメディアンの強みは、エージェントが持っているマーケティング領域の情報が非常に深く、他のどこよりもマーケティングに圧倒的に特化している点です。

ちゅらりき

WEBマーケ業界や職種についても深い理解があるので、業界の動向や最新情報を得るにはもってこいです。

私もWeb広告代理店に2年務めた後に相談したのですが、業界の企業のことや求められている人材などめちゃくちゃ驚きましたw

しかも利用期限がないので、今すぐ転職する気がなくても情報を得られるので便利です。

ちゅらりき

特化型のエージェントとして、一番オススメします!!

\マーケティングに特化した求人、サポートは無期限/

2位: ワークポート

【ワークポートのココが良い!】

・圧倒的な対応スピード

・IT,WEB業界に強い

IT系の保有求人数は非常に多い

・未経験でも業界にねじ込む突破力

・全国に拠点があり、地方転職にも強い

・独自の連絡ツールの使い勝手が良い

総合評価 3.8
マーケティング求人数 3.5
マーケティング求人の質 3.0
業界・職種の知識 4.0
対応スピード 5.0
サポートの手厚さ 4.0
ユーザー満足度 3.5

\圧倒的な対応スピード、IT業界の求人数/

ワークポートの強み

ワークポートはとにかく対応が早い点が特徴です。*またIT系ベンチャーの求人をどこよりも持っています。

ちゅらりき

面談した日に数十社に書類提出して、帰り際には50枚の求人案件貰った経験が私もあります

求人数は多くスピードも異常に速いですが、中には怪しいベンチャー企業も含まれているので、求人をしっかり確認した方が良いです!

IT業界に強いだけあって、多種多様な求人でとにかく数で勝負するタイプの特化型エージェントです。

質のマスメディアン、量のワークポートのイメージです

ちゅらりき

特にスピードを重視している応募者には向いています!

\圧倒的な対応スピード、IT業界の求人数/

Webマーケティング転職成功者から学ぶエージェントの活用法

転職エージェントを上手に活用し、ホワイト企業に内定を貰うコツをお伝えします。

ちゅらりき

過去の転職成功例から、良い点だけ取り入れていこう!

転職エージェント活用のポイント

・転職エージェントに競わせる

・エージェントの特性を生かす

・フィードバックを貰ってPDCA回す

転職エージェントに競わせる

一つ目のポイントは転職エージェントを複数登録し、進捗状況をエージェントに共有し競わせることです。

競わせると転職エージェントは他社エージェントに応募者(あなた)の内定を奪われないために、必死にサポートしてくれるからです。

実はエージェント利用がどの企業でも無料な理由は、応募者が転職した企業からがっぽり利益を貰えるからです。*相場は転職者年収の30%と言われてます。

ちゅらりき

転職エージェントはあなたを応募企業に転職させることが全てです

もし、あなたが一社だけエージェント登録して活動するなら、エージェントはライバルに取られないので適当に内定を取りやすい企業をもってきますよ。

複数エージェント登録して競わせると、より良い求人も持ってくるし年収交渉だって本気でサポートするのでベストです

エージェントの役割を決める

2つ目のポイントは転職エージェントの特性を把握して、役割分担して各社の強みを生かすことです。

役割を分ける理由は、各社エージェントの得意分野が違うのでエージェントの強みをあなたが最大限受け取ることができるからです。

ちゅらりき

各社エージェントの強み例を見てみよう。

エージェントの特徴例

リクルートエージェント:求人数no.1

パソナ:女性へのサポートが手厚い
ワークポート:とにかく対応が早い

大手の総合転職エージェントは求人数が多いので、浅く広く求人を網羅できます。

一方マスメディアンなどの特化型のエージェントは得意分野の求人の質が高く、業界・職種知識がとても深いです。

ちゅらりき

私が未経験転職で利用したエージェントの役割を共有します!

私が活用したエージェントの役割

リクルート:求人数と面接対策
doda:書類添削、キャリア相談
ワークポート:ベンチャー求人、業界職種の勉強

登録を全て総合型や特化型にすると、エージェントの良さを最大限引き出せないので総合型2社・特化型1社を目安に登録しよう!

フィードバックを貰ってPDCA回す

3つ目のポイントは面接のフィードバックを必ず転職エージェントから貰って、企業側のあなたの評価を確認することです。

フィードバックを重要視するのは、面接は企業があなたを見極めるので「企業に刺さるアピール」をしないと一生内定が出ないからです。

ちゅらりき

自分では感触が良くても、相手が良く思わないとダメ!

転職エージェントは必ず企業に面接後に、通った理由や落ちた理由を聞いてくれるので、注意深く内容を聞いて次の面接に活かすようにしよう。

最初は緊張するし、上手く返答できないでしょうが、みんな最初はできないので前向きに改善していけば問題ないです!

ちゅらりき

100社以上私は落ちているので、落ち込んだら私のダメさを思い出して安心して下さいw

面接の質が上がれば、内定が出る確率も格段に上がるので複数内定を貰うことも充分可能です。

Webマーケティング業界の将来性と転職市場

Webマーケティング業界は2021年のコロナ渦でも成長している、日本の中でも珍しい成長業界です。

読者

けれど今後も伸びていく将来性はあるの??

2022年以降もWebマーケティング業界は、Web広告代理店を中心に右肩上がりに成長すると考えられます。

理由はユーザーがWeb上でサービスを利用する頻度は増えるので、企業は売上げ増加のためによりWebマーケティングを駆使するからです。

ちゅらりき

Web上での消費頻度の推移を見てみましょう

引用:総務省統計局

どの世代でも割合が増え続けて、20年4月から一気に増えています。

ちゅらりき

店に行くよりも、ネットでモノを買うユーザが増えている証拠ですね

だから企業は必死にWeb広告をだすし、Webマーケティングができる人材を求めて代理店に依頼してきます。

【2022年以降】未経験でのWebマーケティング転職の状況とは?

2022年以降もWeb広告代理店代理店を中心に未経験でも多くの人材を採る動きは続きます。

それは、Webマーケティング企業に依頼が沢山くるのに、人が足りずに断ることがあるからです。

ちゅらりき

私も人がいないor利益が低いから依頼を断った経験がありますww

人増やして売上げをさらに上げるために、サイバーエージェントを筆頭に大量に人を採っています。私の勤める企業も新卒は100人以上、転職者も5人以上/月が入ってきます。

ちゅらりき

業界知識の深いマスメディアンにも転職市場を聞いてみました!

Webマーケティング転職市場について

・デジタルの人材が枯渇していて超売り手市場

・大手Web広告代理店は未経験でも多くの人をとっている。

・事業会社やコンサル、総合代理店までもデジタル人材を欲している

私が転職したのは2019年だったのですが、当時よりもコロナの影響も相まってデジタル人材をめちゃくちゃ欲しがっています。

つまりWebマーケティング業界に未経験で入るチャンスが2022年も続くと考えられます!

未経験からWebマーケティング転職の注意点

未経験からWEBマーケティング業界に転職するなら、注意点もあるのでお伝えします。

未経験Webマーケ転職の注意点

・入社後のミスマッチがありえる

・中にはブラック企業もある

・最初の1年は結構ハードワーク

どの業界でも、業界外からのイメージと働いている人の感想が全く違うことは良くあります。

ちゅらりき

WEB広告代理店は、業務時間が長かったり、広告主がモンスターで心を病む人もいます…

ですがこの注意点は、Webマーケ業界・職種の理解が深く本気で取り組む熱意と覚悟があれば回避できます。

今一度、あなたは本当にWEBマーケ業界に興味があって、勉強し続けられる覚悟があるか考えてください。

転職エージェントは活用すべし、転職の主役はあなた!

転職エージェントを利用すれば、あなたの内定獲得の可能性は格段に高くなります

ちゅらりき

けれど、転職するのはあなたでエージェントはサポート役です。

転職する上で、あなたがこれから
・どんな業界・職種に就きたいのか
・企業に求める条件はなにか
・どの分野で成長したいのか
というあなたの「意思」が最も重要です。

面接を行う企業も、あなたのキャリアプランと実績・経験・熱意を総合的にみて採用の最終判断をします。

ちゅらりき

私はWebマーケ業界の中でも、大手Web広告代理店での勤務を強くおススメしてます

Web広告代理店をおススメする理由

・未経験でも転職ができる

・コロナ渦でも衰退していない

・ステップアップ転職もできる

・副業・独立も可能

・圧倒的な成長産業

Web広告代理店で働いている人は忙しいけれど、仕事が楽しくて好きで成長している人が、本当に多いです。

ちゅらりき

私もその一人だし、あなたも転職してその一員になることが私の願いです

最後に私のおススメのエージェントをお伝えするので、上手に活用して内定を掴んで下さい。

オススメのエージェント

【総合型エージェント】

dodaエージェント
リクルートエージェント

PASONA

【特化型エージェント】

マスメディアン

ワークポート

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる