【現役営業マン】Webマーケティングの営業職はきつい?いいえ、改善してます

読者

WEBマーケティングの営業職はどんな業務?

読者

やっぱリノルマがあって大変?

読者

業界未経験でも営業職に転職はできる?

Webマーケティングの営業職に興味をもっても、具体的な仕事内容やノルマを知ることは難しいです。

詳しい仕事内容やノルマを理解しないまま転職活動を始めると、面接が通過できなかったり入社後のミスマッチを起こしてしまいます。

ちゅらりき

私はWEB広告代理店の営業職なので、上記のあなたの疑問を解決します。

記事の内容

この記事では、Webマーケティング企業の営業職での仕事内容やノルマ・残業についてお伝えします。あなたが記事の内容を実践すれば、Webマーケ企業の営業職に転職しやすくなります。

【結論】

営業職は新規・既存顧客対応とクライアントの管理がメインの仕事になります。未経験でも転職しやすい職種なので営業経験のあるビジネスマンにはおススメの職種です。2022年から採用人数を増やしている企業も多いので挑戦するにはうってつけの時期です。

ちゅらりきの経歴。業界未経験からWEBマーケティング業界に転職経験あり
目次

Webマーケティング(広告代理店)の営業職の仕事内容とは

営業マンが仕事をしている

WEBマーケティング企業の営業職は大きく分けて2つの仕事をこなしています。

営業職の2つの仕事

・既存顧客の売上げ拡大=既存向け
・新規コンペで顧客獲得=新規向け

ちゅらりき

既存と新規の売上げ合算で、チームや個人の目標になっています。

既存・新規向けの仕事内容について詳しくお伝えします。

【既存顧客の売上げUP】

・実施施策の数値報告
・成果改善提案
・デジタルマーケ提案
・社内組織連携業務
・新規情報の提供

【新規コンペ対応】

・リード獲得
・ヒアリング

・提案資料作成
・プレゼン提案
・受注(アカウント開設)

新規コンペ対応は中堅以上の営業が担当することが多く、未経験から転職していきなり携わる事は少ないです。

新規コンペとは…

新規受注のためのコンペティション(competition)の略で、広告の受注を目的に複数の広告会社で行われる競合プレゼンテーションのこと。広告主からオリエンテーション(提案支援書)を受けて、コミュニケーション戦略(クリエイティブ、媒体)などの提案を行い、最も優秀な提案を行った広告会社が受注する流れです。

なぜなら新規顧客の獲得は売上げ拡大のキモなので、新人よりも中堅営業マンが担当する方が受注しやすいからです。*ベンチャーや中小企業の場合は別ですが…

ちゅらりき

本記事では転職した場合、まずは担当する既存顧客向けの仕事を詳しくお伝えします。

既存顧客との定例報告

最も一般的な仕事は「顧客との成果共有・実施施策の報告会」です。

WEBマーケティング会社はクライアント(広告主)がいて、業務を代理もしくはコンサルという形で進めます。

つまりクライアントから予算を貰って、予算内でWeb広告を出したり、サイト設計のコンサルを行います。

ちゅらりき

具体的には広告予算を200万/月貰って、web広告で190万使って10万利益みたいな使い方をします。

クライアントの予算で広告をだすので、消化予算や売り上げについて報告する義務があります。

成果が良いとクライアントもご機嫌で予算が増えるときもあり、会社の利益も増えます。逆に成果が悪いと、悪い理由と改善施策を考えて売上げを回復させようと考えます。

成果改善提案

2つめは「成果改善提案」を行います。

成果の悪い部分と良い部分を正しく把握して、最も成果が良くなる施策を立案して提案します。

改善提案の例:

検索広告でKW単位の品質スコアを見た場合に「広告の関連性」の指標に改善余地があるため、広告分を新規で作成する。

改善提案の引き出しの多さや、経験や知見の深さが代理店の存在意義でもあるので、いかに成果を改善させるか的確に提案します。

デジタルマーケティング提案(動画・ソリューション)

3つ目は、Webサイトの枠を越えてデジタルマーケティングから成果の改善提案を行います。

デジタルマーケティングとはユーザーが接触するデジタル周りの施策を実施することで、Webマーケティングの広義に当たります。

マーケテイングの図式と関連性

デジタルマーケティングの例
・ユーザーの認知獲得のためにyoutube広告を配信する
・オーガニックの流入増加のためSEO対策を実施する

近年はWeb広告やSEO対策だけでは、クライアントのビジネス課題を満たせないのでデジタルマーケティングでの提案も求められています。

社内の部署との連携業務

4つ目は社内部署との連携を行い、進捗管理や最終資料のブラッシュアップを行います。

まずは営業がクライアントの要望をヒアリングして、社内の専門部隊と会議を行い定例資料や施策の立案を行います。

社内連携の例:

「YouTube広告を配信して認知を上げたい」という要望が分かったら、営業は動画素材をクリエイティブに発注し、広告運用には配信設計を立案し構築する指示を出します。広告配信までには動画素材の法務確認やブラッシュアップを行い、配信設計をクライアントとも共有します。

・動画制作はクリエイティブ
・広告の運用は広告運用
・営業はクライアント対応と契約周り
と分業されているので適切に配信できるように営業はディレクションを行います。

ちゅらりき

担当者一人がすべてを兼務するってパターンは少ないのです。
*営業と運用が同じパターンはありますw

新規プロダクト・媒体社の最新情報のキャッチアップ

最後に営業は担当しているクライアントに新規の媒体情報や広告技術が出た場合は情報提供をします。

例えば、Googleから新しい広告技術が開発されたときは、技術の内容や条件・期待できる成果を把握したうえで分かりやすくクライアントに説明します。

最近の例を挙げるとリスティング広告において画像表示オプションが追加になりました。

ちゅらりき

イメージはコチラ

常に新しい広告技術や媒体の情報が入ってくるので

いち早く理解して上手く活用するのが「新規プロダクトのキャッチアップ」

新規コンペ対応

新規顧客獲得のメイン業務は新規コンペの対応になります。

簡単にいえば広告代理店のプレゼン大会で、勝ったところが広告予算を貰えて取引がはじまります。

ちゅらりき

大型案件の広告予算は非常に大きく、年間億単位の予算もあります。

コンペに勝てば会社の利益も大幅にふえるため、新人ではなく経験豊富な人材を数多く投入して勝てる体制を組みます。

新規顧客の獲得の最終関門であり最も過酷な業務が「新規コンペ対応」になります。

営業職だから飛び込み営業はある?

飛び込みで泳いでいる動物

営業と聞けば、飛び込み営業を想像する人も多いのではないでしょうか。

ちゅらりき

Web広告代理店の営業職は飛び込み営業をほぼしません。少なくとも私は一度も経験がありません。

飛び込み営業を未だにメインの営業手法としているのは、ブラック企業なのでご注意ください。*ベンチャーやスタートアップ企業は例外です…

なぜならWebマーケティング能力の高い企業は、問い合わせやWebセミナーから新規顧客のリストを集めることができるからです。

WEBマーケティングを行っている会社が飛び込み営業しているのなら、自社のWEBマーケティング能力がないことを露呈しているようなものです。

ちゅらりき

だから大手のWEBマーケティング会社は飛び込み営業をしませんwまだ知名度の低いベンチャーなどは例外!

営業でテレアポは古い?現在の顧客獲得方法とは?

新規顧客を獲得するために、かたっぱしから電話で面談アポをとる「テレアポ」はWebマーケティング企業にはありません。

ちゅらりき

関係性が全くない所には飛び込みの電話アポなんてしません。

なぜなら、テレアポ以外に良質な見込み顧客を獲得する方法を取り入れているからです。

顧客獲得方法の例

・情報発信から興味をもつ

*Webセミナーや自社メディアから
・自社の問い合わせから連絡が来る
・既存顧客からの紹介
・過去取引があった

近年ではWebセミナーを定期的に開催しており、参加頂いた企業に面談を依頼したり、逆に問い合わせを頂くケースも増えています。

またWEB広告代理店はクライアントによっては、頻繁に変更になる場合があります。

ちゅらりき

例えばサイバーエージェントで運用していたけど、良くないからオプトに変えよう!みたいなパターン

今は取引がないけど過去取引があったという例もあるので、再度提案のために連絡する場合もあります。

営業だからノルマに追われるキツイ?

ぶっちゃけ会社によりますがWeb広告代理店はノルマ地獄ではありません

なぜなら広告予算が月や日単位で大きく変わらず、半期や年間といった長期な契約が多いからです。しかも業界が成長しているので、Webマーケティングの予算を増やしている企業が多いです。

ちゅらりき

つまり営業の力の入れどころが新規コンペ対応や既存顧客の予算拡大に集中します。

また多くの会社がWeb広告を出したいですが、優秀なWebマーケターが会社にいません。

ちゅらりき

つまりWebマーケティング企業にとって需要過多な市場です。

だからWEB広告代理店から積極的に営業を掛けることもないし、要望を貰っても断ることもあります。

Webマーケティング営業職の年収と残業について

【Webマーケティング営業職の年収】

未経験~3年目:350万~500万
4年目:500万~

*役職が付けば、100万前後の上乗せ

正直めっちゃ高給取り!!という水準ではないありません。

ちゅらりき

しかし年収以外にも大きなメリットがあるので侮れません

Webマーケティング企業で仕事ができるようになれば、SEO対策スキルやWeb広告運用スキルが身につきます。

SEO対策やWeb広告スキルを活かして、アフィリエイトサイトを運営したり、副業案件を受けることができます。

もっと具体的に年収以外のメリットを知りたい方は「WEBマーケターの年収を職種別に公開~キャリアアップのパターンも~」をどうぞ。

営業職だから残業は多くてキツイ?

Webマーケティングの営業職は顧客ありきの仕事なのでクライアントに振り回されることが多く残業は多いです。

ちゅらりき

納期が短い無茶ぶりや労働力でカバ―することもあります…

ただ数年前の電通の新入社員の自殺事件や働き方改革の影響を受けて、年々改善がみられています。具体的には残業時間20~50時間/月ほどの印象です。

ただクライアント次第で業務量は変わるので、ヘビーなクライアントを担当すると残業は長いです!

ちゅらりき

有休取得も可能ですど、Web広告は動いているので広告代理店はPCを見る人が多いでしょう。

未経験の営業職でもWebマーケティング企業に転職できるか?

走っている営業マン

業界未経験でもwebマーケティング企業の営業マンに転職できます。

なぜなら、大手企業を中心に圧倒的に営業や運用コンサルの人手が足りていないからです。

ちゅらりき

私も業界未経験でWeb広告代理店に転職しているし、私の会社には毎月5~10人の転職者がいますよ。

特に前職が別業界の営業や、マーケティングや販売に関わる仕事経験のある人は内定をとりやすい。

それはコミュニケーション能力がとても重要で、営業スキルはWebマーケティング職でも必要だから。

ちゅらりき

かくいう私も前職は根っからの営業でしたw

クライアントとのヒアリングや提案・案件進捗管理など、思っている以上にコミニュケーションの場面は多いです。

またクライアントサイトの売上げUPにはユーザー目線の考え方や、人の行動心理把握がが大切です。営業経験がある人は、ユーザー目線で仕事をするのでWebマーケティングに生きるのです。

ちゅらりき

あなたが今メーカーの営業ならばとても相性が良いはず!

Webマーケティング企業の若手社員は転職・独立・休職ばかり

営業でも広告運用でも若手を中心に、転職や独立、休職は多いです。

ちゅらりき

私の会社の割合で言えば、5年続く人は50%もいないかな…

中途で入っても2~3年経験を積めば事業会社のマーケティング担当や他代理店などに転職していきます

となると会社にいるのは30代リーダーと中途の業界新人営業マンと新卒ばかり…新卒は営業経験がなく、戦力になるまでに時間がかかる上にメンタルが弱いので潰れることもあります。

ちゅらりき

中途入社の営業はすでに経験があるので比較的活躍している印象

で「業界の経験がない」は確かにデメリットですが、逆に別業界で営業経験があれば充分アピールできます。

さらに詳しく未経験でもWebマーケテ業界に転職する方法を知りたい方は次の記事を参考にどうぞ。

≫【内定のコツ】Webマーケティング会社に未経験でも転職する方法

まとめ

【WEB広告代理店営業マンの業務】
メインは既存顧客のサイト売上げUP
⇒WEB広告の定例報告
⇒成果改善提案
⇒デジタルマーケ提案
⇒社内組織連携業務
⇒新規情報の提供
*新規コンペ対応

飛び込み営業は行わない
問い合わせやセミナー参加者に営業をかけるから
【年収相場】
未経験~3年目:350万~500万
4年目:500万~

残業時間は平均20~50h/月

WEBマーケ(WEB広告代理店)営業マンの仕事のメインは既存顧客の成果の定例会とクライアント管理になります。

ちゅらりき

特にクライアント管理は重要度が高く、人付き合いといわれる営業職らしいです。

クライアントと関係が良くないと、要望や課題もうまく聞き出せずに適切な提案ができないので仕事がうまく回りません。

今WEBマーケティングの知識がなくても転職すれば勉強するし、業界未経験の中途採用者に専門知識は企業ももとめていません。

もしあなたが営業経験を持っているなら、営業力をWebマーケティング企業は評価してくれるし転職に有利に働きます。

ちゅらりき

それは私も経験済みだし、私の会社の営業マンは8割ほど転職者です。

会社の駒としての数合わせ営業マンは今後PCやAIに仕事が奪われリストラされる可能性すらあります。

Webマーケティング企業の営業マンは需要過多の情報を個人に蓄積できるので、転職でも副業でも・独立にも有利になります。

転職活動を始めるなら次の記事を参考に進めて下ださい。

≫【2022年版】Webマーケティング転職に強い転職エージェント5選&利用者の声

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる