【2021年最新版】WEB広告企業の売上ランキング

読者

WEB広告業界の売上はどうなってるの?

読者

未経験でも入りやすい企業は?

業界未経験だと
どこの企業が規模が大きくて
売上げが大きいのか、わからないだろう

私は現役のWEB広告代理店勤務なので
各社員の特徴も踏まえて
売上ランキングを紹介します

ランキングだけでなく
未経験でも入りやすい企業や
企業を選ぶポイントも書いています。

この記事を読めば業界知識も深まり
あなたが行きたい企業を選ぶこともできます

ちゅらりきの経歴。業界未経験からWEBマーケティング業界に転職経験あり
目次

企業別売り上げランキング

No企業名売上高
電通グループ44,982億
博報堂DYグループ12,979億
(株)サイバーエージェント4,785億
(株)ADKホールディングス3,528億
DACホールディングス(株)2,083億
(株)JR東日本企画1,208億
(株)東急エージェントシー1,063億
(株)オプト887億
(株)セプテーニ724億
10(株)NTTアド654億
11(株)デルフィス568億
12(株)アドウェイズ490億
13(株)デジタルガレージ404億
14GMOアドパートナーズ(株)345億
15(株)ファンコミュニケーションズ293億
16バリューコマース(株)291億
17supership(株)274億
18(株)インタースペース232億
19(株)フルスピード190億
20(株)アイモバイル149億

電通・博報堂の売上げ桁違いで
他の企業を圧倒しています

広告費の割合は直近10年で
大きな変化が起きていて
2019年からインターネット広告費が
シェアTOPとなっている

引用:nippon.com

インターネット広告費が増えたことで
WEB広告代理店の売上げ増加が急上昇中

色付けしている企業は
未経験でも入社することが可能で
教育体制も整っている企業です。

*あくまで主観の判断

ちゅらりき

ちゅらりきの勤め先も色付けの企業だよ

各社の特徴

大手広告代理店の3強

電通・博報堂・ADKは総合代理店のTOP3
最新版でも大きな変化はない

歴史も長く、広告代理店と聞けば
上記の3社を想像する人も多いはず

一方で時代の変化とともに
大手広告代理店はWEB広告を扱うため
WEB広告に強い会社とグループ会社を組んでいます。

電通グループ

言わずと知れた業界最大手企業
世界でも5本の指に入る
巨大広告代理店です。

国内に130社
海外に900社のグループ企業があり
グローバル展開しているのも特徴

一方で、体育会系な社員が多く
派手な印象もあるので、
やる気、根性、体力で仕事を回す面もある。

2015年には新入社員の
過労死が社会的問題に発展し
以前よりは働き方も改善されているらしい

過労死問題から
オリンピック制作周りで話題になったり
本社ビルを手放したりと
若干風向きが悪い流れが出ています。

業界目線で言うと
短い勤続で離職する人が増えたのか、
私の会社にもここ数年で
ちらほら電通から中途入社がいます。

WEB広告周りでは電通デジタルと
サイバーコミュニケーションズが中核を担っている

電通デジタルは広告主向き合い
サイバーコミュはメディア向き合い

代理店になってます。

博報堂グループ

電通と双極をなす業界2番手
読広と大広広告社と連携し
博報堂DYホールディングスを組織している

電通とは異なり
クリエイティブでロジカルな
提案が得意なインテリ系な社員が多い

電通系列は体育会系で
博報堂系列はインテリ系と考えてもいいw

WEB広告周りでは
DACとアイレップを傘下に持ち

博報堂が持っている案件のWEB広告の業務を
DACとアイレップが担当する例も数多くある。

ちゅらりき

博報堂系列から電通に転職した
という例は私の周りでは、あまり聞いたことがない

サイバーエージェント

1998年から設立で
20年余りで業界3番手まで登り詰めた
ノリに乗っている独立系企業

ABEMAという巨大自社メディアがあり
マッチングアプリやスマホゲームも
扱っているため、スマホの普及とともに
急成長を遂げた会社

自社アプリのノウハウが多く
アプリを絡めたマーケティングは
業界随一といわれる

ノっている企業であり
人の出入りも激しいので
未経験でも転職することは可能

ADKホールディングス

サイバーに抜かれて4番手だが
アニメコンテンツに定評がり
「ONEPIECE」「ドラえもん」などの
コンテンツを絡めた広告ビジネスが得意

仕事で絡むことも多いのですが
ADKの方は中途入社の方がかなり多い。
しかも業界経験者ばかりで
WEB広告代理店からADKへ転職する人も何人かみてきました。

未経験から転職するハードルは
かなり高いと言えます。

DACホールディングス

デジタル・アドバタイズ
コンソーシアムとIREPの2社のグループ会社
*略してDACとIREP

DACはメディアレップ最大手で
IREPはリスティング広告に強みのある
WEB広告専門代理店です。

博報堂DYグループに所属しており
博報堂が持つ案件のWEB広告を受けたり
IREPが直接案件もとることができるので
大小さまざまな案件を取り扱っています

また近年は、博報堂や制作会社から
クリエイティブの人材を多く採用し
自社での動画制作を請け負っており
デジタルエージェンシーとしての立ち位置を確立している

志望企業を選ぶ際の基準

売上げをベースにランキングを紹介したが
上位の企業があなたに最適かというと
別にそうではありません。

ちゅらりき

あくまで企業の売上げを並べただけだよ

これから、あなたがWEB広告業界に入る際に
起業とのミスマッチを起こさないために
企業を見るポイントを紹介しよう

企業を見るポイント

・売上規模と案件の相関性
・未経験者の教育体制
・企業の得意分野
・現場社員の声

売上規模と案件の相関性

売る上げの大きい企業は
取引している広告主も巨大なことが多い

ランキング上位の企業は
多くの人が名前を知っている企業の
広告を扱っているます。
例)ユニクロ・ドコモ・ニトリなど

あなたがこれから
広告予算が大きくて
様々な媒体の運用に携わりたいならおススメだ

一方で、売上げが小さくなると
扱う案件も小さくなる傾向があります。

地方に特化している企業や
特定の人に認知がある商品を
扱うことが増えます

あなたがこれから
小さい案件を自分一人で回して
マーケティング全体に関与していきたい
なら売上げが小さい企業を選んでもよい

ですがマーケティング施策は
認知⇒獲得⇒フォロー
という段階があるのが
案件が小さいと、どうしても獲得に特化した
経験ばかり積むことになるでしょう。

ですので未経験から業界に入るなら
なるべく大きめの規模で
数多くの未経験者を取っている企業を選んだ方が無難です

未経験者への教育体制

WEB広告業界は10年ほどで急成長したので
人が一気に増えつつあります
*それでも全然人手不足ですが…

そのため優秀な企業は
これまでに何人も未経験者を採用し
WEBマーケターを輩出しています。

なので、あなたも未経験から
学んで成長していきたいなら
教育体制が整っている企業を選ぶべき

応募する企業が
これまで未経験者を取っているのか
どのような教育体制をとっているか
の2点はチェックしよう!

企業の特色とあなたの希望

上位5社以降の会社は
それぞれ扱う分野の得意分野があります。

企業の特徴例)
オプトは中小企業でも扱える
セプテーニはSNS広告が得意
デジタルガレージはアフィリマーケが得意など

これから学びたい分野に
拘りや強い希望があるなら
関連性が高い企業の方が良いでしょう。

ちなみに上位5社の企業なら
ほぼすべてのWEB広告周りに携われます

ちゅらりき

私も、WEB・SNS・動画・アプリ・制作周りとかなり幅広く扱うことができてます!

現場の声を聴く

企業を見る際は
必ず現場社員の声も調べよう

企業のページや、採用要項よりも
現場の声の方が何倍も有益だ

実際に働いている人の声は
良いことも悪いことも書かれています。

*やばい所は愚痴だらけ…ww

外ずらのいい企業は
しっかり社員の声も見て
充分調べて研究しよう。

ちゅらりき

私も利用していて、めっちゃ便利だったのがサイトがこちら

【転職会議】
企業の口コミ・評判・求人が豊富な転職サイト
登録するだけで、気になる企業
現場社員の声を聴くことができる

未経験でも入りやすい企業


ズバリ
ランキングで色付けした企業

あとは売上がまだ小さい
ベンチャー企業も入社しやすいはず

【企業が未経験でも採用する理由】

・人手不足
・これまでも未経験を採っている
・若いと採用コストも低い
・新卒より即戦力になる

特に大手企業なら
人が必要なので毎月中途入社が居ます。
*その分人気もあるでしょうが…

このサイトは
未経験でも転職するために
どうすればよいか?を書いています。

・業界研究
・他者との差別化
・正しい行動

を愚直に続ければ
あなたも必ず内定が取れます

これまで数多くの人が
WEBマーケティング業界に
未経験から転職しています。

業界のことは理解した方は
未経験でもなれるWEBマーケの職種は?で職種について理解を深めてください。

転職を始めるぞ!という方は
「Webマーケ転職に強いエージェント5選」から登録をどうぞ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる