Webマーケティング転職に資格はいらない!企業は実績を求めている

読者

資格がなくても転職はできる?

読者

転職に有利になる資格はある?

Webマーケティング業界はコロナ渦でも成長していて人気なので、少しでも転職を有利に進めるための資格があるか気になる人も多いでしょう。

ちゅらりき

私は薬の営業職から30歳のときに、業界未経験でWeb広告代理店に転職したので、この疑問にお答えします。

あなたが、もしも転職で有利にならない資格取得などに取り組むと、効果がないだけでなく貴重な時間やお金もムダになります。

Webマーケティング企業が求めているスキルを正しく理解して転職に活かしてください!

記事の内容

この記事では、Webマーケティング転職に有利になる資格がないことを実例からお伝えしています。あなたが記事の内容を理解すれば、資格よりも転職で有利になる実績がわかるので、Webマーケティング転職しやすくなります。

【結論】

Webマーケティング転職に有利になるのは、実務経験や現職での実績です。2022年は転職者を増やしているWebマーケ企業も増えているので挑戦するには良い時期です。

ちゅらりきの経歴。業界未経験からWEBマーケティング業界に転職経験あり
目次

Webマーケティング転職が有利になる資格はない!!

驚く猫の画像

webマーケティング業界への転職に有利な資格はありません。

理由は私が運転免許だけでWeb広告代理店に内定できたし、私の中途入社同期や後輩たちも誰一人として特別な資格を持っていなかったからです。

ちゅらりき

実は資格を取って転職!という例の方が少数派なんだ!

採用する企業側もWebマーケティングの資格の有無ではなく過去の「実績・経験」や「実務経験」を重要視しています。

ちゅらりき

あなたも企業の面接官になって一度考えてみてほしい。

目の前に下記特徴のある2人の候補者がいるとします。

【Aさん】

Webマーケティングに関連する資格はあるが実務経験はなし

【Bさん】

資格はないが、サイトを0から自分で作り、検索上位を取り〇万/月の収益を上げた経験がある

ちゅらりき

あなたなら、どちらの応募者に興味を持ちますか?

企業の多くはBさんを選びます。それは行動力が高く収益を挙げるまで継続しているからです。資格は履歴書を埋めることはできますが、Webマーケティング転職で有利に働くケースはほぼないのが現実。

ちゅらりき

では資格よりも評価される実績や実務経験を見ていこう

資格以上に必要なスキルとは?

資格以上に必要なスキルは「実務経験」や現職での「実績」です。

Webマーケティングの実務経験の中でも大まかに3つのケースがあるのでお伝えします。

Webマーケの実務例

・サイトに人を集める
・ユーザーに商材を売る
・ファンにさせる

ちゅらりき

この3つ中で自分でも取組めそうな分野を実践するのが良いかな

例えば
【人を集める】ならTwitterやinstagram、Youtubeの新規アカウントを作って登録者を集めるのもよいでしょう。サイトを作って安定したPVを集めても良いです。

【物を売る】なら、アフィリエイトでもいいし、noteなどの販売でもいいです。

【ファンにさせる】は難易度が高いですが、自身のメルマガに登録してもらったり、公式LINEでも可能です。

読者

いきなりハードルが高いような…

業界の知識もなく勉強もせずにいきなり上記の実務経験は確かにレベルが高いでしょう。まずは業界の基礎知識を学べる本から仕事や作業のイメージを掴んでみてください。

\漫画調でスラスラ読める!初心者のバイブル/


また近年は、youtubeでも有益な情報はありますが探す方が時間がかかるし、本を噛み砕いているだけなので、買って読んだほうが速いです。

ちゅらりき

この本は漫画調で読みやすく、分かり易いのが特徴。会社にもあって新卒に人気の一冊です!

資格がなくても多くの人が転職成功している

結論、転職に有利なスキルはありません。そして私を含めて、無資格でも未経験からwebマーケティング業界に転職している人は沢山います。

ちゅらりき

転職成功している人の特徴を挙げていきます!

転職成功者の特徴

年齢が若い(20~30代)
・Webマーケティングの実践経験がある
・豊富な営業経験がある
・マーケティングの経験がある

複数当てはまる場合は、より内定が取りやすいと言えます。

特に「年齢が若い」は非常に大きな武器で、私の会社に転職してくる未経験の方はほぼ20~30代です。

ちゅらりき

40代~は管理職候補で経験者ばかりです…

この業界は歴史も浅く、仕事もハードな時が多々あるので若くしてガツガツ働ける人を会社も求めています。*年々働き方は改善されています…

持っていても役に立つ資格とは?

これまで資格はいらない!と伝えましたが、業界未経験で熱意をアピールする場合は役に立つ資格もあります。*あくまで気を引けるレベル

持っていると気を引ける資格

・Google広告認定資格
・GAIQ(Google Analytics Individual Qualification)

理由は、上記の資格を現役のWebマーケターが持っていることが多く、未経験から取得するには相当の覚悟と行動量がないと難しいからです。

未経験から転職したいと意気込んでいるだけではなく、自ら勉強して資格を取得している。取り組んだ実績というのは熱意や行動量のアピールになります。

Gooogle広告認定資格はGoogle広告の資格で、web広告代理店なら入社して受けろと言われますwwGAIQはサイト解析ができるGoogleAnalyticsの使い方や概念を習得できる資格です。

ちゅらりき

あくまで資格<実務なことは忘れずに!!

資格ビジネスに惑わされるな。本質とは?

真実の口の画像

世の中には無駄な資格が多すぎると、私は声を大にして言いたい。

実務に直結するor職に就ける国家資格以外は無意味で、民間資格は悪く言えば情報弱者を相手にしている企業に騙されてます。

ちゅらりき

弁護資格や医師免許など持っているだけで仕事に就ける資格はめちゃくちゃ価値がありますよ。

ですがwebマーケティングには必須の資格はありません。だから、資格を取ることに躍起になってはいけません。現場では、実務経験があれば資格の価値なんて一瞬で吹き飛びます。

あなたの職場でも考えてください。

沢山の本を読んで資格を取った人より、資格はなくても実務経験がある人の方がよっぽど仕事ができませんか?

ちゅらりき

だから資格よりも「実務・実績」という本質を頭に叩き込んでください

WEBマーケティングをしたいなら自分ですればいい

あなたが資格を取りたい本質は
・WEBマーケティング業界に転職したい

・自分のWebマーケティングスキルを客観的にPRしたい

のどちらかではないでしょうか?

上記の気持ちに付け込んで、多くの資格紹介会社は必要ではない資格を高額でオファーしてくるんです。

どちらの場合も実務経験があれば資格なんて必要ないので「いかに実務経験をアピールするか」に焦点を当ててください。

ちゅらりき

これからは誰でも0からできる実務を具体的に紹介します

0からできる実務経験とは?

実務の代表例

・ブログ運営
サイトアフィリエイト
・SNSアカウント育成
・Youtube投稿

オンラインスクール受講

特におススメはアフィリエイトとオンラインスクール受講です。今後の伸びしろならYouTube投稿です。

理由はサイトアフィリエイトにはWEBマーケティングのほぼすべての技術が必要だからです。

サイトアフィリで必要な工程

・サイトにアクセスを集める
・ユーザーに購入してもらう
・自分のファンになってもらう

上記がWebマーケティングにおける「認知⇒獲得までに該当する」ので、アフィリエイトができる人はWEBマーケティングができる人材といっても過言ではありません。

私の会社の人事に聞いたのですが、サイト運営経験やSNSフォロワーが多い人は加点がつくと言っていたので、実務が強い証拠ともいえます。

ちゅらりき

資格に取り組む前に、実務経験を積むか、若さを武器に転職活動に踏み出せばイイネ!

もう一つオススメなのが、オンラインスクールの受講です。

理由はWebマーケティングに興味を持ってもまだ世間的に認知されておらず、実務経験を積んで転職に挑めばライバルと差別化できるからです。

ちゅらりき

現代のプログラミングスクールみたいな立ち位置に、Webマーケティングスクールもいずれなっていくと私はみてます。

私が転職した2019年の年末は業界未経験でも転職できたのですが、年々人気になっておりライバルとの差別化は必須になっています。

短期間で実践的な経験を積めるオススメのオンラインスクールは下記を参考にしてください。

Webマーケティング業界には資格なしでも飛び込むチャンスは今この瞬間!

池に飛び込む男性

できれば転職しやすい時期に…
現職のボーナスが貰えた時期に…
今の仕事の区切りの時期に…

ちゅらりき

転職するタイミングは悩む気持ちは分かります。私もいつか…って考えていたので。

転職に最適なタイミングは「いま、この瞬間」にあります!

それは、時期を延ばすほどWebマーケティング職は人気になるのでライバルが増えて競争が激しくなるからです。

ちゅらりき

転職はあなただけの問題でなく、企業側と応募者の数に大きく左右される市場です。

Webマーケティング業界は毎年110%以上の成長をしており、優秀な人材がどんどん流れてきています。ですが10年前は今と同じ状況ではありません。

10年前はスマホが出たばかりでWeb広告はTVよりも圧倒的にシェアは低かったのです。この時代に転職活動したなら別に優秀でなくてもライバルが少ないので転職しやかったのです。

だからこそ、転職しようかな…できれば成長業界に!!と考えた瞬間こそ最適なタイミングです!

ちゅらりき

私も100社以上転職活動で落ちました…けれど今はWEB広告代理店で働いています

未来を変えたいなら、今から動き出そう。今すぐ転職エージェントに相談する方は下記からどうぞ。

\Webマーケティング転職するなら登録必須/

慢性的な人手不足とコロナの後押し

実は2021年末から2022年はWebマーケティング企業に転職するチャンスの時期です。

転職のチャンスの理由

・慢性的な人手不足
・コロナ渦で需要が伸びている

ちゅらりき

私は業界歴2年ですが、常に会社に人が足りていません。

WEB広告を出稿したい会社は沢山あるが、代理店側で人がいなくて断ったりしています。また、コロナによりWEBでの消費が上昇しているのでWeb広告の有効性はどんどん増しています。

需要が高いのに、人手不足なので2022年は非常にねらい目の時期なのです。

まとめ

転職するために必須の資格はない!

資格以上に必要なスキルは
「実務経験」

資格がなくても転職ができる
【資格なし転職者の特徴】
・若い
・自身でWEBマーケ実践
・営業経験が豊富
・マーケティング経験者

あっても役立つ資格
・Google広告認定資格
・GAIQ
・ウェブアナリスト検定

世の中の資格ビジネスに騙されるな!
転職したいなら実務を積め。

若さを武器に転職に挑戦するのもアリ
・常に人手不足だから
・需要が伸びているから

結論webマーケティング業界に転職したいなら
・実務を積む
・今すぐチャレンジする

この2択です。

私はブログ運営を1年してから転職に挑戦したが、周りを見ると若くして転職に成功している人も多いです。

30歳前後や現職で目立った経験がない場合は、オンラインスクールなどで短期に実務経験を積んだ方が転職に有利に働きます。

ちゅらりき

挑戦して受ければ儲けもの。受からなくても経験があなたに残るのでデメリットはありません。

未経験で資格もないのに、どうやって転職したのか気になる方はコチラを参考にどうぞ

≫【メーカー営業⇒WEBマーケター】WEBマーケティング業界への転職記

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる