【30~40代未経験向け】Webマーケティング転職に年齢制限はある!?

読者

Webマーケターへの転職は年齢制限があるの?

読者

やっぱり、20代応募者の方が有利なの…!?

Webマーケティング業界は

「20代が多くベンチャー気質の企業が多い」

という事実をあなたも知っているでしょうか?

この情報だけを聞くと

企業によって年齢制限があって

30代以降は転職できないか不安になりますよね

ちゅらりき

現役のWeb広告代理店勤務で毎月転職者がいるので、これまでの転職者から年齢制限について解説します!!

業界未経験の30~40代向けの方に

年齢的に転職できるのか?

転職成功のために必要な事

転職しやすい企業と職種

についてをあなたにお届けします!

この記事をあたが読めば
30~40代でwebマーケター転職するために

必要な情報を全て知ることができるので

確実にWebマーケ転職の成功に近づける

目次

Webマーケティング転職の年齢制限はある(暗黙の了解)

まず、求人票に書いてないが

基本的にWebマーケ転職には年齢制限がある

理由はWebマーケ会社で人手が足りないのは

実働部隊が多く管理職の人間ではないから

*比較的若い社員が欲しいということ!

読者

じゃあ実際にどれぐらいの年齢までなの?

35歳でギリギリ転職できる、40歳までが限界

私はこれまで100人以上

Web広告代理店に転職した人を見てきました

*私が今も現役なので…

ちゅらりき

概算で在籍2年間で120人くらい!(毎月5人くらい転職者がいたから)

この経験の中で最年長をおそらく、35歳の方だ

残念ながら40歳前後は見たことがない…

35歳以上の転職者を取らない理由は

長期的にキャリア形成が難しく

企業は管理職ではなく、実働する人員を採りたいから

Webマーケ業界の平均年齢は30歳前後と若く

20代が実働部隊で、30代以降は管理職の場合が非常に多い

読者

となると、やっぱり20代の方が転職に有利??

未経験なら早いほど有利(20代>30~40代)

業界未経験でも転職することが可能で

多くの場合は20代前半から中盤の人材が多い

ちゅらりき

30代で入ってくる人は少数派に分類されるかな…

20代の転職者が優遇される理由は主に4つ

優遇される理由

・採用コストが低い

・厳しい労働環境に耐えれる

・上司部下の年齢逆転が起きない

・変化に柔軟に対応できる

特に採用コストが低い点の理由が大きく

最悪、すぐ退職してもリカバリーができる

ちゅらりき

一方、30代以降で年収が高い人が使い物にならないと企業も辛いのだ…

Webマーケティング業界は

AI技術やSNS・社会の流行りと

密接に関連しているので、非常に変化が早く

柔軟に対応し勉強することが求められる

読者

となると20代の方が有利そう…やっぱり30代以降は厳しい?

実績があれば30代以降でも十分戦える!

しかしながら、30代以降でも有利な面はある

それはこれまでの実績が評価される点だ

例えば営業経験が豊富であったり

分析系の職歴があると年齢とは別に加点になる

*20代と差別化できるポイント!

ちゅらりき

私も営業マンだったが、過去の営業経験は評価されました!

また採用担当から聞いたが

下記のようなWeb実績を持つ人は

未経験でも評価されるそうだ

【評価されるWebマーケ実績例】
サイト運営でPV5000以上/月
SNSのフォロワー1000人以上
Youtube登録者1000人以上
オンラインスクール受講済

企業も30代以降には即戦力を求めていて

将来の管理職候補として採用することが有ります!

30~40代でも飛び込んでメリットありまくり

20代に比べると30代以降の未経験者は

Webマーケ転職のハードルが高くなります…

ちゅらりき

しかし!内定の先には多くのメリットがあります

30代以降が転職するメリット

・すぐ管理職候補になれる

・副業に活かせる、独立も可能

・マネジメント経験のあるWebマーケターは人気

・高い志の若者と一緒に働ける

すぐに管理職候補になれる

一つ目のメリットは30代以降の転職者は

即戦力を期待され、管理職候補で採用されるので

若手社員よりも管理職になりやすい

理由はWebマーケ企業の社員は年齢が若く

マネジメント経験や社歴の長い社員が少ないから

現代社会の多くの業界で

管理職になれるのは、一般的に40台以降です

読者

30代で管理職の経験があるのはかなり少数派だよね!!

私もWebマーケ会社に入社して驚いたのは

管理職の人が30代前半とかなり若く

自分と同じ年代の人ばかりなことでした…!

ちゅらりき

転職2年目には会社から正式にマネジメント研修を受ました!

実体験からも30代で転職できる人は

他の候補者よりも年収が高いでしょうし

採用する側も、若手社員を引っ張って

案件を管理できるマネジメント力を期待しているはず

副業に活かせる・独立も可能

二つ目のメリットはWebマーケの業務が

副業や将来の独立にも生かせること

理由は、Webマーケの知識や経験は担当者に蓄積されるから

そして現在は、個人で情報を発信したり

サイトを運営することが非常に簡単だから

ちゅらりき

Webマーケ企業に勤めながらサイトを運営したり、法人化している人も普通にいます

また企業側も他の業界に比べて

副業を認めている会社が多いので

心置きなく副業に取り組むことができる

*本業を疎かしてはいけないが…

TwitterやYoutubeでも

Webマーケ企業に勤めていたり

経験がある人で独立している人が多いことを、あなたも気づいたのでは?

マネジメント経験のあるWebマーケターは引く手あまた

三つ目のメリットはマネジメント経験がある

Webマーケターはキャリアアップの転職が簡単なこと

理由は大手企業内でWebマーケティングに

精通している社員が少なく、経験のある管理職はほぼいないから

読者

独学でWebマーケティングってかなり大変だし、企業も研修とかできないもんね…

キャリアアップで転職する人が多いので

大手企業のWebマーケティング担当は

Web広告代理店出身者がめちゃめちゃ多いですw

ちゅらりき

代理店は手数料が高いし、できれば会社も社内に有能なWebマーケターが欲しいはず!

高い志の若者と一緒に働ける

四つ目のメリットは、意識の高い社員が多く

意欲の高い若者と一緒に働けること

Webマーケ企業の社員は20代が多く

よくも悪くも意識が高く、行動力の高い人が多い

40台以降の社員はほぼいないので

年功序列の会社で上が詰まって

早期退職を募っている業界とはまるで違います

ちゅらりき

前職の医療業界は40~50代ばかりでリストラ祭りだったよw

業界的に毎年成長しているので

売上げを伸ばして成長している企業も多く

給料や雇用にも良い影響が出やすい

業界の成長が止まっていたり

衰退している業界の人にとっては

このメリットは、かなり追い風になるはず!

30~40代未経験で転職する方法

30代以降にWebマーケ業界に転職すれば

数多くのメリットがある反面、20代よりも難易度は上がってしまう…

ちゅらりき

私は30代で転職成功しているので、その戦略をあなたにお届けします!

30代~ならば新卒から約7年あるので

・充分に実績がある人

・何度か転職を行い、実績がない人

と大きく二つに分類できるので、あなたに合ったパターンを見てほしい

実績がある場合

既に現職での実績がある場合は
転職の戦略とスピード感を持って行動していこう

実績があるからと言って

すぐに始める!ではいけません

ちゅらりき

理由は、実績のあった私が戦略なしに100社落ちたから…w

まずは転職活動の流れを理解して
業界・職種の知識をインプットしよう

*転職経験がある方は業界理解からでOK

業界・職種の理解を進める方は
「業界研究におススメの本6選」を参考にどうぞ

そして転職するなら欠かせないのが
「転職エージェントへの登録」

転職活動は想像以上に事務作業が多く

仕事をこなしながら一人で進めるのは

非常に非効率で、内定も取りづらくなる

私も転職エージェントを利用して内定が取れたし

周りの未経験転職者の全員が転職エージェントを利用してます

ちゅらりき

多くの内定者から聞いて、あなたにオススメしたいエージェントはコチラ!

オススメの転職エージェント

さらに転職エージェントを詳しく知りたい方は

Webマーケ転職に強い転職エージェント5選へどうぞ

実績がない場合

30代~で、実績がない場合は
イマから実績を作るしかない…!!

*しかも、なるべく早く

ちゅらりき

実績がないのに熱意だけで入社できるほど甘くはないんです…

現職で成果がでるまで時間がかかる!
という方は下記を選択肢に考えてみてほしい

アピールできる実績

・本気でサイト運営
・オンラインスクール受講
・SNSを本気で取り組む
・Youtubeを本気で取り組む

理由は企業の採用担当者は
サイト運営でPV5000/月
SNSのフォロワー1000人
Youtube登録者1000人
オンラインスクール受講済
みたいな数字・実績は魅力的にみえるから

ちゅらりき

けれど30代~以降は時間がないので、なるべく早く実績がでる手段を選ぶべきだね!!

そうなれば、最もおススメなのが
「オンラインスクール受講」

理由は、カリキュラムがあるので

受講すれば、実務経験に近い実績を得られるから

しかも数か月の期間で身につく

ちゅらりき

一方で、デメリットは費用が高額なことだ

現役のWebマーケター(未経験から転職)が

カリキュラムを見て本気で選んだスクールから選んで受講しよう

すでにサイト運営の実績や

SNSの育成に成功している方は

Webマーケ転職に強いエージェントに登録して

転職活動を速やかに始めていこう

業界未経験でも入りやすい企業

業界未経験でも入りやすい企業は

Web広告代理店とベンチャー企業だ

理由は、本当に人が足りていなくて

これまで多くの業界未経験者が転職成功しているから

ちゅらりき

私の内定もWeb広告代理店とベンチャーでした…

代表的なWeb広告代理店

・サイバーエージェント

・オプト

・セプテーニ

・DAC/アイレップ

・電通デジタル

・メディックス

中には未経験での入社ハードルが

高い企業もあるが、決して不可能ではありません。

ちゅらりき

理由は私が上記の会社に業界未経験、30歳で転職しているから!不可能ではない!!

入りやすい職種

業界未経験でもなれる職種は

営業職と広告運用職・SEO関連職だ

理由は最も人出が必要な職種なのに

人材が流動的で常に人が足りていないから

ちゅらりき

営業職と広告運用職は、かなり未経験転職者が多いよ

具体的な数値を出してみると

私の所属している営業チームは7割が転職者です

*そのうち業界未経験は半数くらい

広告運用チームは5割が転職者です。

*残りの半数は新卒や生え抜き

ちゅらりき

広告運用者の方が未経験転職者は多いイメージかな!

中には、さらに上流の職種である

Webディレクターや戦略コンサルタントを

望む人もいるかもしれないが

未経験からいきなりは就けないので注意しよう

Webマーケティング会社で行う仕事内容

WEBマーケティング業務は非常に多いが

大きく2つに分類できる

WEBマーケ業務の2つの大枠

・サイトの集客,フォロー
・サイト内の分析,設計

業界未経験でも入りやすい企業なのは

Web広告代理店かベンチャー企業なので

業務はサイトの集客やフォローが多くなる

サイト集客やフォローの具体的業務は
・SEO対策
・WEB広告運用
・SNS運用etc

ちゅらりき

あなたも業界未経験で転職するなら、SEO・Web広告・SNS関連のどれかだろう

ではさらに具体的に

SEOやSNS・Web広告を扱う企業の職種から、仕事内容を少しご紹介しよう

営業系

営業系の仕事は

クライアント(依頼主)と直接やり取りして

仕事を受注したり、成果報告をする業務が中心だ

営業の仕事例

・クライアントに成果報告

・クライアントの課題抽出

・自社内での業務進捗管理

・営業数字の管理

・契約周りや事務作業

ちゅらりき

更に詳しく営業の仕事を知りたい方は「Web広告代理店の営業業務のす全て」を参考に

運用コンサル系

運用コンサル系の仕事は

営業から聞いた課題を解決するために

Web広告を運用したり、SEO対策を講じる業務だ

運用コンサルの仕事例

・Web広告の入稿、調整

・成果判断、改善提案

・クライアント報告用の資料作成

・サイトのSEO対策分析

・検索KWに対するコンテンツ提案

・競合動向やコンテンツ分析

ちゅらりき

更に詳しく運用コンサルの仕事を知りたい方は「【全て実体験】Web広告運用者の仕事内容」を参考に

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる