【Web広告代理店勤務】Web広告運用の仕事内容をぜんぶ公開!!

読者

Web広告運用って具体的に何するの?

読者

激務のイメージだけど実際は…?

アプリやYoutubeで、よく見るWeb広告だが

これから転職したい方は、広告運用の業務を

理解しないと内定を取ることは難しい

ちゅらりき

私は現役のWeb広告運用者なので、最新の仕事内容をお届け!

この記事の内容内容

・Web広告運用の仕事内容

・仕事のスケジュール例

・広告運用業務の仕事の忙しさ

・Web広告運用に向いている人

この記事をあなたが読めば

Web広告運用の仕事を具体的にイメージできるので、内定を取りやすくなる

結論:

・Web広告運用の仕事は忙しい(担当案件による)

・管理画面を見るだけでなく頭をフル回転させる

・知的好奇心が高い人やWebマーケで副業スキルを学びたい人にはピッタリの職業

ちゅらりきの経歴。業界未経験からWEBマーケティング業界に転職経験あり
目次

Web広告運用の仕事とは

Web広告代理店の組織図
ちゅらりき

広告運用者は組織の中では営業(Webディレクター)から案件を振られます

Web広告代理店は

数多くの広告依頼主がいるので

依頼主ごとに営業や広告運用者が担当します

では具体的な広告運用の仕事内容を挙げていく

web広告運用の仕事内容

・広告の作成・入稿・掲載
・広告予算の管理、調整
・広告実績の集計と分析
・成果改善のための施策立案・提案
・新規広告技術の勉強と仕様理解

この5つが広告運用者の業務内容で

広告の運用に関する業務

新しい技術の勉強や習得がメインになります。

Web広告の作成・入稿

一つ目はWeb広告の作成と入稿

ちゅらりき

いきなりですが、web広告と聞くとあなたは何を思い浮かべますか?

web広告はインターネット上の至る所にでていて

運用者もすべてを目で確認している訳ではありません


では、リスティング広告を例にして説明します

【リスティング広告とは】
特定の検索ワードに対して結果画面に表示されるテキストの広告文。別名「検索連動型広告」。例えば、Google検索にて「web広告」と検索キーワードを入れたときを考えてみよう。

検索結果画面は下のようになりました

web広告の検索結果画面

左上に「広告」と書いてあるのがリスティング広告

ちゅらりき

広告文は、タイトルと説明文と広告表示オプションで構成されています

例)1番上の広告文を切り出す
Webマーケター養成講座 – あなたに伴走するマーケター講座
事業の課題に合わせ、実践しながら事業を成長に導く!Webマーケターを目指す養成講座。東京都 江東区平野…

・Webマーケター養成講座…はタイトル

・事業の課題に合わせ、実践しながら事業を成長に…は説明文

・「東京都 江東区…」が広告表示オプション

ちゅらりき

広告運用者は「タイトル」や「説明文」を適切に表示されるように、作成し調整しています。

Web広告の予算管理と調整

2つ目は広告予算の管理と調整

web広告の多くは運用型広告と呼ばれ

毎日広告をだす量を自由に調整できます

*金額もある程度コントロールできる

ちゅらりき

そのため月の予算を適切に消化していく必要があります

例えば月30万の広告予算があると

毎日1万円を目安に予算を消化していきます。

相手も機械なので、時には2万消化するので

金額を見て毎日微調整する業務になります

ちゅらりき

金額調整だけではなく、成果の良い広告に予算を使う調整も行うよ


例えば100円の予算を使って

150円売れる広告と200円売れる広告があったら、どちらが成果がよいですか?

読者

それは、200円でしょ!

その通り!!

成果が良い200円の広告で予算を使うように調整をかけます。

Web広告の成果分析と報告資料作成

3つ目は広告の成果を分析して、資料にまとめる業務

頻度は月に1回が多いが、予算が大きい案件は週に1回行うこともある

依頼主が大きいと予算が1億/月を超えて

様々なWeb広告を出しているので

一定の期間で、すべての広告成果をまとめて報告する業務です。

ちゅらりき

運用者の業務で、いちばん時間のかかる作業です…

また良い成果の広告はどうして良かったのか

悪い成果の広告がなぜ悪かったのか

要因を仮説して解決策を考え出すのも広告運用者の大切な業務です

Web広告成果の改善策の立案と提案

4つ目はWeb広告の成果を改善させる施策を考える業務

ちゅらりき

WEB広告運用者の最も重要な業務であり、広告の成果を上げるために欠かせない業務

・成果の良い広告をどうやって伸ばすか

・成果の悪い広告をいかに改善するか

この2つの観点から売り上げを伸ばす施策を立案して営業(クライアント)に提案します。

3つ目の業務とも大きく連動していて、良かった要因を正確に把握できていないと良い部分を伸ばすことはできません。また悪い要因を的確に把握できていないと、的外れな改善提案になってしまいます。

ちゅらりき

広告運用の仕事は数字と論理を組み合わせて、正確に素早くPDCAを回すこと


PDCAとは「Plan:計画」「Do:実行」「Check:分析」「Action:行動」
広告を入稿して・出稿して、成果を分析して、改善案を出して実行する。それが広告運用の「PDCA」

多くの運用者が「やりがい」に挙げていて

頭を使って考え抜いて、解決策を出して

数字がキレイ改善したり、伸びると非常に達成感があるんです!

新規広告技術の勉強と習得

5つ目は新規の広告技術の勉強の業務

web広告の発展は凄まじく、日々新しい技術や配信メニューが出てきます。

ちゅらりき

数年前の技術や考え方は、過去のモノで使い物にならないことも。。

そのため広告配信媒体から日々発信される新しい情報や技術には常にアンテナを張って、勉強し続けます。

勉強!と聞く重たい気がしますが、本を買って毎日自主勉強!!ではなく、自分で媒体からの情報を調べたり媒体担当者に聞いたりします。

仕事のスケジュール例

論より証拠。現役のWeb広告運用者で

営業兼任の私の一日の業務スケジュールを書きます

スケジュール例)

10時:始業開始
予算進捗確認・調整
11時:週報・コメント作成
12時:定例タスク処理
13時:昼食
14時:営業タスク処理
月の売り上げヨミ・案件進捗更新
15時:案件タスク処理・振り出し
16時:社内MTG
17時:勉強会参加
18時:新規提案メニュー調整
予算進捗確認・調整
19時:終業

まず朝一では広告の予算の進捗を確認します。

具体的には毎日予算をいくら使っているのかをしっかり計算して予算消化のペースが適正なのか判断します

ちゅらりき

適正ペースよりも遅ければ強化の調整を掛けたりします

次は週報を作成します。週報とは、広告主に先週1週間の広告の成果を簡単にまとめて、トピックも添えて報告すること。

それが終わると定常的に行っている業務を処理します。例えば広告を配信している中で変なキーワードに反応していないかとかです。

午後からは営業の業務になりますが、営業マンとして今週の売り上げの計算をしたり、広告主との連携の詳細を社内に報告します。その報告を基に新規で提案できるものがないか立案したりもします。

社内MTGは広告主への報告の中身を考えたり、現在の広告の成果を社内で共有したりします。

退社前にも当日の広告の予算の進捗を見て、適正な調整になっているか最終確認をします。

広告主から変な対応を依頼されたり、問題が発生しなければこのような1日のスケジュールになります。

ちゅらりき

これはかなり平和な1日なので、もっと業務に追われるときもある…

Web広告運用の仕事は忙しい?しんどいの?

Web広告運用の仕事を見ていると

忙しいかあなたも気になりませんでしたか?

ちゅらりき

結論、仕事は忙しい
(比べる職業によりますが…)

代理店の仕事は広告主ありきの仕事なので

結構無理難題をいきなり要求されるときもある。。

例えば、配信データや広告文を当日に貰って1.2日で広告出稿を依頼されたりします。

ちゅらりき

これはもう徹夜レベルになりますね…

正直に話すと広告運用者の仕事のメインは「成果分析」「改善提案」です。

広告を正しく配信して、予算の消化を合わせるのは基本中の基本。運用者の価値があるのは正しく成果を分析できて、市場性を加味して売上が上がる適切な改善提案を行うことです。

これが簡単なようで実は難しい。

どうして成果が良かったのかを分析するのに時間がかかります。(良くない場合も同様)

商品が売れるには、消費者のモチベーションによるし、社会情勢や競合の影響も受けます。それらの可能性を全て確認した上で、最終判断を行います。

分析に時間がかかるので、割かし激務と呼ばれるのです。

時には大量の広告を出稿しなくてはいけないため、広告の作成や調整で時間に追われる場合もあります。

ちゅらりき

入社して2年たちますが、徹夜したことは2回くらいあります。

これが少ないか多いかはあなたの感覚次第。仕事で徹夜は初めての経験で、今は慣れましたが当初は忙しい仕事と感じました。

読者

じゃあ仕事がしんどくて辞めたいと思ったことは?

ちゅらりき

それは、、、ない!
理由は最新の技術を学ぶことができて、自分で考えた通りに成果が上がるとうれしいし、数字も目に見えるから!

そしてもう一つ大きいのが、広告主の製品やサービスを自分の考え方で大きく出来るので、WEBマーケティングスキルを実質ノーリスクで勉強できます。

今後自分で起業したい!独立したい!と考えている人にはぴったりな技術なので、忙しくても辞めたいとは思いませんでした。

Web広告運用者にはどんな人が向いている?

広告運用者の仕事内容と忙しさを紹介した上で

どんな人が向いているのでしょうか。

web広告運用者に向いている人

・数字に強い
・知的好奇心の強い
・地道にコツコツ作業できる
・仮説や検証を考えることが好き
・変化を好む
・自分のサイトを持っている

ちゅらりき

この中で一つでも当てはまれば、ぜひ興味を持ってほしい職種です


最も向いている人は知的好奇心の強い人で、何事にも「なぜ」を考えて常に新しいものへの探求心がある人は凄く向いています。

それは成果の分析や新規技術の習得は知的好奇心がなければ乗り越えることが少し難しいから。

また、近年は副業でブログやサイト・SNSを運営している人も増えていて、ドンピシャでスキルが身について勉強できるので超絶おススメ!!

ちゅらりき

実際に社員の中で副業としてサイト運営している人は普通にいると思います。まぁ私もそうなんですが…

あなたが広告運用者に向いているか知りたい方は【業界人が語る】広告運用者に向いている8つの特徴とはへどうぞ

特別なスキルは必要か

職種の名前を聞くと、なんか特殊なスキルがあった方がいいのかな?って想像しませんでしたか?

ちゅらりき

別に特別なスキルなんて必要ない


私の会社には毎年100人の新入社員が入ってきて、広告運用者になる人もいますが、大学出たばかりの新卒が別に特別なスキルなんてありませんよw

なので、中途で入社したいと思っているあなたに特別なスキルは必要ないです。もちろん知的好奇心や数字に強いといった面があると受かりやすくなるのは当たり前ですが。

私も2年前に100社近くwebマーケティング界隈の会社を受けましたが、別に特別なスキルもなく3社に内定を貰えたので、想像ではなく体験を基にこの記事を書いています。

世の中には、どこの誰かもわからず、経験したこともないのに、ノウハウを書いている人がいますが、私は現役のweb広告運用者で2019年中途入社です。

ちゅらりき

是非この情報があなたの転職活動に生きれば本当にうれしいです

まとめ

【WEB広告運用者の仕事内容】
・広告の作成・入稿・掲載
・広告予算の管理、調整
・広告実績の集計と分析
・成果改善の施策立案・提案
・新規広告技術の勉強と仕様理解

広告運用は比較的忙しいが、自分の考えで製品やサービスの売上げを拡大させることが出来るため独立したりwebサイトを運営している人にとっては天職。

転職や就職するのに特別なスキルは必要ない

それは私も含め数多くの未経験者が中途入社しているから。

この記事を読んだあなたが、web広告運用により興味をもったかもしれません。何だか忙しそうで不安な気持ちになったかもしれません。

私はこの仕事に就いて、初めて仕事が楽しいと感じたし、今後も社会がもっと進歩して多くの人の目にweb広告が入っていくと確信しています。

ちゅらりき

あなたも既に気づいていませんか?
これからネット業界が衰退することはなく、どんどんaiに仕事が奪われていきます。

このブログではそんなweb業界の中でものマーケティング職に就けるように情報発信しています。

より深く、webマーケティングの業界のことを詳しく知りたい方はこちらもどうぞ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる