【未経験者なら】WEBマーケ転職はSEO系か広告系かどちらが良いか?

読者

未経験で転職するなら、SEOか広告のどちらがいいの?

読者

どういった違いがあるのか知りたい!

Webマーケティング転職を調べると
SEO系かWEB広告系のどちらが
自分に合っているか判断に迷う時があるはず

私も転職活動の時に同じ悩みを持ち
結果的にはWEB広告代理店に転職しました。
*SEOコンサルも老舗の企業

業界に入って経験しているからこそ
あなたには、選ぶ企業を間違ってほしくない

この記事をあなたが読むと
SEOか広告のどちらが、自分に適切か
判断ができるので、転職活動をスムーズに進められます。

ちゅらりきの経歴。業界未経験からWEBマーケティング業界に転職経験あり
目次

SEOとWEB広告のどちらが良いのか?

一番ベストな選択は
大手WEB広告代理店で
SEOもWEB広告もどちらも経験すること

大手WEB広告代理店の例
  • サイバーエージェント
  • アイレップ、DAC
  • オプト
  • セプテーニ

理由は、SEOとWEB広告の部署が違うだけで
転籍もできるし、内部事情や将来性が分かるから

しかし大手WEB広告代理店は
人気の企業で転職できる人数も限られています

そこで
SEO系がオススメな人
WEB広告系がオススメな人
を挙げるので、どちらに近いか
あなたも確認してみてください

SEO系がオススメな人

SEOがオススメな人
  • SEOアフィリを学びたい
  • コンテンツ作成が好き
  • 順位争いが好き
  • すぐに検索する癖がある
  • 将来独立したい
  • 副業しながら勤務したい
  • マナブさんに憧れている

多くのSEO系支援の企業は
依頼サイトの検索順位を上げるために
分析を行い、コンサルや記事代行を行って収益を上げます。

あなたが既にサイトをもって
SEO対策を行って勉強しているなら
めちゃくちゃ勉強になるし、オススメします

将来独立もあり得るし
副業もバリバリできるでしょう。

ちゅらりき

ですが将来性の雲行きが怪しいので、後ほど詳しく解説します…

WEB広告系がオススメな人

WEB広告がオススメな人
  • 広告に携わりたい
  • 数字の分析が好き
  • SNSが好き
  • 答えのない問題を解きたい
  • 影響力の大きい仕事がしたい
  • 将来独立したい
  • 副業しながら勤務したい

WEB広告は広告主の商品の
認知から販促までの段階
全てをフォローできます

しかも、インターネット広告費は
2021年でもTVを抜いてTOPシェアなので
急激に成長している特徴もある

社会的影響力の大きい仕事をしたい
サイトの売上げ拡大に包括的に関わりたい
広告運用を学んで副業に活かしたい
こういった考えの人にはピッタリ

ステップアップ転職も比較的容易で
独立・副業も可能なのも、魅力のひとつ

大手WEB広告代理店が最強におススメ

私は大手WEB広告代理店勤務だから
あなたに推している様に、聞こえるかもしれません。

ちゅらりき

けれど、それは違います

【あなたにおススメする理由】
  • 将来の不安はないほうが良い
  • 入ってしまえば転籍ができる
  • 年収もそこそこ高い
  • 大手企業のWEBマーケティングに携われる
  • 媒体社との関連も強いので情報が早い
  • 同期が誰一人入社に後悔していない
  • ステップアップ転職も可能
  • 仕事が好きで楽しそうな人が多い


大手WEB広告代理店は
総合広告代理店とグループ会社なので
はっきり言ってこの先数十年は潰れません

グループ会社の例)
電通はセプテーニ・電通デジタル
博報堂はDAC・アイレップ
独立系代理店では
サイバーエージェント
オプトなど

Webマーケ業界を志望する人は
業界の将来性に魅力を感じる
副業・独立に活かせそう
ステップアップに使いたい
と考えている人が多いはず。

そんな人も、サラリーマンである以上
企業が潰れないか、その先の転職の事も
気にしてはいないだろうか。

上記の例に挙げた企業は
いきなり業績が傾くことはないし
手を出しているコンサルが広いので
失敗して衰退するリスクが非常に低いです。

また、働き方の透明性でも
ベンチャー企業よりも優れているので
不当な残業で潰れることも少ない。

挑戦できるならば
ぜひとも、大手WEB広告代理店を
あなたには受けてもらいたい。
*受けることは誰でもできます!

AI技術の進歩と業界の将来について

2021年は東京オリンピックが開催されて
開会式や閉会式では見たこともない
コンピューター制御のパフォーマンスがありました

囲碁や将棋、チェスもプロの選手が
AIに負けてしまうレベルにまで進化しています。

AI技術は凄いスピードで成長し
人々の仕事を奪っていくでしょう

ちゅらりき

Webマーケティング業界でも起きてるよ

SEOは検索エンジンとのいたちごっこ

SEO対策はGoogleに評価されて
検索順位を上げるコト

Googleは検索ユーザーに
最高の検索体験を届けるコトを
コンセプトに検索アルゴリズムを組んでいます

昔のSEO対策はテクニックで
何とかなる時代もありました。

以前あったテクニック例)
KWをとにかく詰め込む
被リンクを大量に集める
SNSでリンクを集める

ですが、今のSEO対策は
「コンテンツの質」
ユーザー検索意図を充分に満たすこと
が何よりも重要となっています。

SEO対策のコンサルは
検索エンジンのアルゴリズムが
変われば検索順位が変動するので
Googleに依存している仕事とも言えます
*しかも絶対的な正解はありません。

今やGoogleのAIがサイトの優劣をつけるには
非常に多い評価項目を設けており、多様化している

SEOの専門家といっても
Googleの判断基準が非常に増えてるので
専業会社だけでは、解決できる部分がすくないのです

そして極めつけは、依頼主が求めることは
「サイトでの売り上げ拡大」
であって「検索順位1位を取ること」ではない

SEO対策は集客の一つの手段でしかありません。
検索順位1位はWEB広告の下に出ます
精一杯努力して検索1位を取っても
広告出されたら負けるんですよ…

ちゅらりき

もちろんSEOを軽視してはいけません
お金を掛けずとも自然にサイト流入するので!

ですがSEO支援だけを行っている会社は
企業のビジネス拡大を包括的に満たしておらず
将来的に数が減っていくことが予想されます。

現役のSEOコンサルの「氷犬」さんの
SEOコンサルというビジネス市場が縮小する理由も参考にしてもらえると幸いです。
*私もSEO会社が縮小するのは同意

広告はマーケティングそのもの

WEB広告代理店でも
AI技術の影響を受けてます。

WEB広告の出稿や調整は
かなり技術的な作業が多く細かいので
WEB広告代理店が請け負う形で成長してきました。

ですが広告の調整における入札機能に
急激な勢いでAI技術が導入されているので
人の手で調整するより、AINの方が優れてます

そのため、ただWEB広告の運用代行だけを
商売にしている企業はAIに仕事を奪われて
減っていくのは明らか…

一方で広告の設計やターゲティングは
人の手がなければできない分野なので
AI技術を上手く使う運用者が、今後は求められるはず

またSEOと劇的に違う特徴がWEB広告にはあります。

それは広告は商品の認知から拡散まで
全てのフェーズで活用できるコト

人がモノを購入するフェーズは
認知から共有までありますが
認知向けのWEB広告から共有させるための
WEB広告まで、すべてカバーできます

逆にSEOでは「検索~行動まで」
しかカバーできません

そのため、現在のWebマーケティングでは
認知~共有までを支援する必要があるので
大手企業は必然的に大手WEB広告代理店に依頼します。

理由は、大手WEB広告代理店ならば
全てのフェーズに対応できるだけの
人材、経験、技術、経験が揃っているから

なので、WEB広告代理店は今後
業界が伸びるので、中小やベンチャー企業も
売上が伸びるが、大手はさらに伸びるので
2極化が進んでいくと予想されます。

未経験でもWEBマーケ転職する方法とは

Webマーケティング業界には
未経験からでも転職はできます。
*ですが年々難しくなってる

人気の業界になりつつあるし
多くの未経験のライバルがいます。

その中で【内定を勝ち取るには】
・戦略性を持った転職活動
・他応募者の差別化
・転職エージェントのサポート
上記3つが必要不可欠!

また戦略性の部分では
【20代向け】Webマーケ業界に転職するには
【30代向け】Webマーケ業界に転職するには
を参考に進めめれば内定に近づくはず

転職エージェント登録して行動する方は
Webマーケ転職に強い!転職エージェント5選へどうぞ

ちゅらりき

実際にWebマーケ転職されている方の情報から作成してます!

まとめ

記事のまとめ

SEOかWEB広告で迷ったら
「大手WEB広告代理店」がベスト
*両方の部署があるから

AI技術により業界にも変化アリ
SEO専業は徐々に衰退していく可能性あり
WEB広告は企業の2極化が起こりそう

【未経験の転職は】
・戦略性を持った転職活動
・他応募者の差別化
・転職エージェントのサポート
上記3つが必要不可欠

ちゅらりき

大手WEB広告代理店を
私は一番オススメしますが
決して全員に合うとは思いません。

中には強い信念があって
SEOを学びたい人にとっては
SEO専業の企業が最適でしょう。

ですが将来性や業界の動向は
調べて理解してから転職活動を
進めることを強くおススメする

理由は
「入社後のミスマッチ」
が格段になくすことができるから

WEB広告代理店にも多くの転職者がいて
ミスマッチを起こして、精神を病む人
退職する人も残念ながらいます。

一方で、忙しくても楽しく仕事をして
イキイキ成長している人も沢山います。

総じて楽しんでいる人が多いし
Webマーケティング業界の人材は
市場価値が高いし、ステップアップもできます

年収も平均よりも高いし
副業や独立だって充分可能

こんな業界は、今の日本では
おそらく他にありません。
だから多くの独立したフリーランスや
インフルエンサーが業界を推しています。

今行動すれは将来は変わります。
ここまで読んでくれたあなたは
この後どんな行動を起こしますか?

今すぐ転職エージェントに登録して
活動を始める方は「Webマーケ転職に強い!転職エージェント5選」へどうぞ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる