【これが本質】Webマーケティング業界はやめとけ!はあなたへの嫉妬

読者

Webマーケティング業界はやっぱりやめるべき??

読者

未経験からWebマーケティング業界は大変?

Webマーケ業界は華やかさがあるが

仕事が辛くてやめる人がいたり

周りから「やめとけ!」って言われて不安になりませんか?

ちゅらりき

私も転職するまでは激務のイメージがあって不安でした…

今はWeb広告代理店で働いているので

あなたの周りの人が「やめとけ」という本質と

向いていない人の特徴が分かるようになりました。

この記事の内容

・Webマーケ業界はやめとけと言われる本質

・避けるべきブラック企業の特徴

・Webマーケティング業界の将来性

・Webマーケティング業界に向ている特徴

・業界未経験でも転職する方法

この記事をあなたが読めば

Webマーケ業界に向いているか判断できるので転職活動への決断ができます

【この記事の結論】

周りから「やめとけ」と言われるのは挑戦への嫉妬。業界関係者の意見でなければフルシカトでOK。

将来性の高い業界なのでコロナ明けで企業も採用人数を増やているので飛び込むなら今しかない。

ちゅらりきの経歴。業界未経験からWEBマーケティング業界に転職経験あり
目次

「やめとけ」といわれる本質とは?

その本質はあなたに嫉妬しているから
違う世界に挑戦して、成長するのが悔しいからです

百歩譲って業界人から言われたら

言われた人がブラック企業に勤めているから

友人や親族、恋人にまでも「やめとけ!」と言われると不安になるでしょう

ちゅらりき

よく考えてみてください。やめとけと言った人はWebマーケ業界で働いた経験がありますか?

経験がない人の意見ほど曖昧なものはありません

私も業界未経験であなたと同じように

周りから「やめとけ!」と言われました

ちゅらりき

ですが今、Web広告代理店で働いていて「むしろWebマーケ業界にくるべき」と周りに伝えてます

それはWebマーケティング業界は

広告費の推移から見ても急成長していて

スキルを身につければ市場価値も高くなるから

世界の大企業と呼ばれる

GAFA(google,Amazon,Facebook,apple)は

全てIT企業で最新の世界時価総額ランキングでTOP10以内に入っています

【2020年世界時価総額ランキング】

引用:社会実情データ図録
ちゅらりき

日本の大企業と呼ばれるトヨタは世界で見れば40位くらいですよw

はっきり言えば、世界的にはITバブル真っ只中なのです

このITバブルの最中に

Web上の販売戦略である

Webマーケティング業界に行かない手はない

サラリーマンが在籍する業界で将来が全く変わるので、詳しく知りたいなら次の記事を参考にしてください。

»サラリーマンは在籍する業界で、人生が激変する説

ただし中には、成長に便乗した

ブラック企業や将来性がない企業もあるので

避けるべき企業例を紹介します!

避けるべき企業例

・代行業がメインの企業

・労働過多なブラック企業

*後ほどブラックの見分け方紹介!

上記の企業を避ければ将来性は非常に高い

しかし業界が伸びていても

人によって「向き不向きはある」ので

向いていない特徴に当てはまるなら避けるべきです

Webマーケティング業界はやめた方がいい人の5つの特徴

あなたにやめた方がいい特徴を伝える理由は

無理に仕事に就いてうつ病になったり、疲弊してほしくないから

ちゅらりき

未経験からWebマーケティング業界に転職して、うつ病になった人を何人も見てきました…

それは業界に向いてないのに

無理して働いたのが原因です

下記の特徴を持つ人は仕事に就いても大変なので、気を付けてください。

Webマーケ業界に向いていない人の特徴

・数字が苦手。分析が嫌いな人
・毎日定時上がりしたい人
・知的好奇心が低い人
・パソコン作業が嫌いな人
・業界の安定性を重視する人

数字が苦手。分析が嫌いな人

数字が極度に苦手な人は向いていません

理由はWebマーケティングの仕事は

毎日数字をみて、数字の変化から仮説を立てて進めていくから

常に「なぜ、この変動が起きたのか」を考えます

数字の変化の例:
先月よりも商品の販売数が落ちている

広告のクリック率が下がっているからと分析

クリック率を向上させるために広告の素材を新しくしてユーザーの目を引こう

読者

販売数やクリック率など数字が多いね!

そのため数字を見るのが苦手で

売上に関しても感覚肌の人は100%向いていません。

毎日定時に仕事を終わりたい人

毎日定時に仕事を終わりたい人は向いてません

理由は、Webマーケ仕事は

クライアントありきなので

要望があれば対応するので業務時間は長く遅いから

Web広告に関しては休日も時間も関係なく

365日24時間動いている性質上、営業時間や休みという概念が非常に薄いです

ちゅらりき

休日でも連絡があるし、営業時間外にPCを開いて仕事も普通にあります。

また要望は納期が短いときもあるので

代理店側で夜遅くまで作業して完了させるときもある

そのため毎日定時に仕事を終えて

平日のプライベートを充実させたい人は向いていません

知的好奇心が低い人

特に関心がなく、知的好奇心が低い人は向いていません

理由はWebマーケ業界は変化は激しく

常に新しい技術や概念、製品が現れては廃れていくから

ちゅらりき

新しい手法や技術も1年経てば、役立たずになることも珍しくありません

特にAI技術の進歩は目覚ましいので

Webマーケ業界の中でも徐々に衰退していく仕事があるのも事実です

WEBマーケターは常に勉強をして

新しい技術を上手く使いこなさなければ

他のマーケターに後れを取ってしまいます

そのため知的好奇心が低く

知りたい!という欲求が低い人には向いていない

パソコン作業が嫌いな人

機械オンチで、パソコンでの作業が苦手な人は向いていません

理由はWEBマーケ業界の仕事では

ほぼ100%パソコンと向き合って仕事をするから

ちゅらりき

というかパソコンを使わない日はありませんw

盲点ですが体を動かす仕事をしていた人が

いきなりずっと座りっぱなし

パソコン触りっぱなしの仕事に就くのはかなり負担になります

家で一人で10時間以上PCを触り続ける

って案外きついので、体を動かすことが好きな人は要注意です!

業界の安定性を好む人

変化への対応が苦手で、業界の安定性を求める人は向いていません

Webマーケ業界は急速に成長しているので

社内体制や給与についてもすぐに変化するから

入社したら定年退職まで給与は右肩上がり

役職も年功序列で就いて、みたいな決められらレールの世界とは全く違います。

私の会社であった変化例:

・いきなり給与制度が改正されて年収が100万UP

・20代で成果を出したから30歳でチームリーダー

・コロナ影響で全社員に一律ボーナス支給

そのため公務員やインフラ系の職が好きで

業界の安定性を好む人はむいていません

避けるべきWebマーケ業界のブラック企業の特徴

私は業界に不安を持つ人には

全員Webマーケ業界を推しますが

すべての企業がオススメではありません

中にはブラック企業もあり

読者

入社したものの全く身にならない…

読者

心身ともに疲弊する…

そんなツライ職場に転職しないために

Webマーケティング業界のブラック企業の特徴を6つあなたに伝授します。

ブラック企業の6つの特徴

・自社のWebマーケティングが下手

・営業のメインがテレアポ

・社員の口コミがひどすぎる

・会社規模の割に採用人数が多い

・やたら給料が高い(みなし残業制)

・サービスが代行業のみ

ちゅらりき

この中でも特にブラック率が高い2つを詳しく紹介します

自社のWebマーケティングがヘタ

Webマーケティング業界なのに

自社のWebマーケがヘタな企業はブラック企業です

自社のWebマーケティングがヘタならば

会社の価値であるWebマーケティングスキルが低いことを証明しているから

ちゅらりき

自社サービスが劣悪だから、社員の労働量で売上をカバーするしかないのでブラックだね…

Webマーケティングがヘタな例

・会社名で検索して、公式サイトが1位じゃない

・公式サイトのサイト内容がスカスカ

・サイトからの問い合わせがやりづらい

また検索上位に顧客や利用者からの

クレームの記事や悪い評判が並んでいるのもやばい

ちゅらりき

企業の信用性にも関わるので、まずはgoogle,Yahooで検索してみよう

営業スタイルが基本テレアポ

営業の手法がテレアポも高確率でブラック

テレアポとは…

電話リストからひたすらに電話をかけて面談のアポイントを取る営業スタイル。いわゆる「数うちゃ当たる戦法」

理由はWebマーケスキルの高い企業は

依頼主の方から自社サイトに問い合わせがくるから

*駆け出しのベンチャーだけは例外

あなたも考えてみてほしい。

ちゅらりき

自分の会社のWebマーケを行いたい時に、たまたま電話してきて興味を持った会社に頼みますか?

読者

まずは普通にネットで調べて、評判や実績見てから決める!

はい、だから積極的に電話営業をするのは

自社のWebマーケスキルが低い証明でもあります…

ちゅらりき

なんか企業に違和感を覚えたら、新規顧客の獲得方法を聞いてみよう

ブラック企業を見分けるコツを詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてください

≫【見分けるコツ】WEBマーケティング業界はブラック企業ばかり?

Webマーケティング業界の将来性は非常に高い

業界に向いていない人にとっては

精神を病む可能性もあるので決してオススメはしません。

しかし、いまも成長している業界なので

Webマーケスキルを身につければ

転職にも有利になり、あなたの市場価値を高められます

ちゅらりき

Webマーケティング業界の将来性について詳しく紹介します!

Webマーケティング業界は今後も成長し

企業がWeb上でサービス展開していく流れは進むと考えています。

理由は、今後もユーザーのネットショッピングが増えるから

ちゅらりき

コロナ流行前からのネットショッピングユーザー割合を見てみよう

引用:総務省統計局
読者

どの世代でも右肩上がりに割合が増えているね!しかも20年4月から一気に増えてる!

店に行ってモノを買うより、ネットショップでモノを買うユーザが増えているんです

だから企業は必死にWeb広告をだすし

Webマーケティングができる人材を求めて代理店に依頼してきます

難しく考えなくても

人がWebで消費する額が増えてるから

Web広告代理店を中心にして業界は盛り上がっています

ちゅらりき

さらにWebマーケティング業界の将来性を知りたい方は次の記事を参考にどうぞ。

≫【現役マーケターが徹底解説】Webマーケティング業界の将来性は高いか?

Webマーケティング業界で働くと身につくスキル

Webマーケティング業界は急成長の中で

AI技術を活用した新しい広告手法やツールが日々開発され進化しています。

そのためWebマーケティングスキルの高い人材は、どこの企業からも引く手あまた

ちゅらりき

実際に優秀なWebマーケターを何人もみてきたので、どんなスキルを持っているか紹介します

身につく専門的なスキル

・包括的なWebマーケ戦略立案

・Web広告運用スキル

・SEO対策スキル

・アクセス解析スキル

・SNSアカウント育成スキル

すべてのスキルを持つことは難しいが

特定の分野に特化してスキルを身につけられます

例えば:

SEOコンサル会社なら「SEO対策」

Web広告代理店なら「Web広告運用」

大手代理店なら「包括的なWebマーケ戦略」

ちゅらりき

サイバーエージェントやDACといった大手Web広告代理店なら包括的にスキルが身につくのでオススメ!

さらに詳しく優秀なWebマーケターが持つスキルについて次の記事を参考にどうぞ

≫【現役マーケターが紹介】優秀なWebマーケターが持つスキル11選

Webマーケティング業界に向いている人の特徴

Webマーケティング業界は向上心があって

成長したいと考えている人には非常にオススメな業界です

ちゅらりき

バリバリ働くWebマーケターも周りに多いので、向いている特徴を紹介します!

Webマーケが向いている人の特徴

・知的好奇心が高い
・論理的思考が得意

・環境に応じて変化できる
・副業や将来独立したい
・悩みを解決することが好き
・伸び盛りの業界でガツガツ働きたい

ちゅらりき

中でも特に向いている2つの特徴を紹介!あなたは何だと思いますか?

知的好奇心が高い

知らないことを知りたい!

もっと学びたい!と考えている

知的好奇心が高い人はWebマーケ業界に向いています

ちゅらりき

Webマーケ業界に向いている人の特徴の中でも、一番これが大切です!

理由は知的好奇心が低いと

新しい技術や製品の知識がつかないので

良い施策を考え出せず、成果を上げれなくなるから

また知的好奇心が高い人は

クライアントの事業理解への関心も高く

ビジネスの課題の発見や、解決により踏み込んで仕事ができます

何事にも食わず嫌いではなく、もっと知りたい!そして解決したい!という想いを持つ人はWebマーケティング業界にピッタリと自信をもってお伝えします

環境に応じて変化できる

環境の変化や仕事に変化があっても

柔軟に対応して、楽しく過ごせる人はWebマーケ業界に向いている

理由はAI技術の活用も進んでいて

新しい広告技術やサービスがでるので

常に変化し成長しないとついていけないから

新しい技術例

➀ AI機能を用いたWeb広告管理機能

➁動画視聴ユーザーの検索動向解析

➂スマホ位置情報からユーザー行動を収集

④サイト訪問者毎にWeb接客対応

ちゅらりき

上記はあくまで一部であり、私も転職して毎日新しいことを勉強して変化してます。。

常に新しいものを理解して

変化に対応できる人はWebマーケターに向いています!

さらに詳しくWebマーケティング業界に向いている特徴を知りたい人は、次の記事を参考にどうぞ

≫【業界者目線】Webマーケティング業界に向いている8つの特徴とは

未経験から転職する具体的な方法

読者

魅力的な業界だけど、未経験でも転職できるの?

ちゅらりき

Web広告代理店には毎月5人以上転職者がいますよ!

周りにいる転職成功者を見た中で

内定に繋がる重要な3つのポイントを挙げます

内定に繋がるポイント

転職エージェントを上手く活用している

・年代、立場にあった転職戦略がある

・前職での実績や実務経験がある*あればGood

下記2つは内定を取るために必須です。

➀転職エージェントの活用

②年代にあった正しい戦略と行動

理由はエージェントは転職のプロなので

利用価値が高く効率的に転職活動を行えるから

またWebマーケ企業は年齢層が若く

20代と30代に求めるスキルが異なるので正しい戦略が必要です

転職する方法をさらに詳しく知りたい人は次の記事を参考にしてください

≫【内定のコツ】Webマーケティング会社に未経験から転職する方法

実際の転職体験を知りたい方は次の記事を参考にしてください

≫ 【未経験から】WEBマーケティング業界へ転職体験記

まとめ

【向いていない特徴】
・数字が苦手
・毎日提示上がり
・知的好奇心が低い
・PC作業が嫌い
・安定性を好む

むいていないのに、無理をして仕事をすると精神を病むので要注意

【WEBマーケ業界のブラック企業】
・自社のWEBマーケがヘタ
・営業がテレアポ
・会社PRが雰囲気重視

WEBマーケ業界といえど、企業選びを失敗するとブラック企業に入ることになる。
自分の目で会社を適正に判断するように

【逆に向いている人の特徴】
・知的好奇心が高い
・論理的思考が得意
・副業や独立志向がある
・答えのない問題解決が好き
・成長業界で仕事に励みたい

特に知的好奇心が旺盛で、副業や独立志向を持った若い人にはとてもピッタリな業界
*YouTubeで有名なマナブさんやイケハヤさんもWEBマーケ出身

結論webマーケ業界歴がなく

働いたこともない人の「やめとけ!」は嫉妬なんでフルシカトでいい。

ちゅらりき

経験していないのに否定的な意見な無視でイイ!!

WEBマーケティング業界は、はっきり言って業務時間は比較的長いです。

一方で個人のWEBマーケティングスキルは数年働くだけで飛躍的に成長します。

そして私の周りにも未経験から業界にきて仕事を一緒にしている人が沢山いますが、大半の人は転職を後悔していないし楽しく過ごしています。

一方で精神を病んで休職したり転職する人もいます

それは向いていないのに無理に働いているから。

ここまで読んでくれた方は自分がWEBマーケティング業界に向いているのか、もしくは向いていないのか判断できるはずなので是非チャレンジして成長業界で一緒に学びませんか。

具体的な転職体験記を知りたい方は

【未経験⇒WEB広告代理店】WEBマーケティング業界へ転職体験記へどうぞ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる